2008/03/17

麗澤教育の理念とめざす人物像

麗澤教育の理念

麗澤教育は、創立者・廣池千九郎が提唱した道徳科学「モラロジー」に基づく知徳一体の教育を基本理念とし、学生生徒の心に仁愛の精神を培い、その上に現代の科学、技術、知識を修得させ、国家、社会の発展と人類の安心、平和、幸福の実現に寄与できる人物を育成する。


麗澤教育のめざす人物像

1.大きな志をもって真理を探求し、高い品性と深い英知を備えた人物
1.自然の恵みと先人の恩恵に感謝し、万物を慈しみ育てる心を有する人物
1.自ら進んで義務と責任を果たし、国際社会に貢献できる人物


麗澤の語義

「麗澤」という語は、中国の古典「易経」(巻十五 下経 兌)の「象曰、麗澤兌。君子以朋友講習」(象に曰く、麗ける澤は兌びなり。君子以て朋友と講習す)という言葉からとったものです。「並んでいる沢が、お互いに潤し合い、周囲の草木もその沢の水のお蔭によって青々と生い茂っている。この様子はまことに喜ばしい限りである。 これと同様、立派な人間になろうとする者は、すぐれた師のもとで、志を同じくする友と切磋琢磨し、人格の完成を目指すと同時に、周囲の人々にもすばらしい影響を与えてゆくよう努力すべきである」というのがその要旨です。
創立者・廣池千九郎(法学博士)は、その精神を「麗澤は、太陽天に懸りて、万物を恵み潤し育つる義なり」と説明しています。
すなわち、麗澤という語は、太陽のような光明(知恵)と温熱(慈悲)とを併せもって、公平無私な態度で万物を育成するという意味です。


キャンパスの環境保全・整備の基本理念と基本方針

<環境保全・整備の基本理念>
 キャンパスの環境保全ならびに整備は、学生・生徒・園児・教職員及び法人関係者をはじめ、本キャンパスを訪れるすべての人々が、「仁草木に及ぶ」という創立者廣池千九郎の仁愛の精神に触れ、道徳心を養うことの出来る環境づくりをその基本理念とする。

< 基 本 方 針 >
1. 人々にやすらぎと教育的・道徳的な感化を与える環境づくり
2. 人と自然の共生をはかる自然を大切にした環境づくり
3. 人と自然が調和する安心・安全な環境づくり
4. 地域社会に貢献しうる環境づくり
5. 資源の再生利用に配慮する環境づくり


ホームへ先頭へ前へ戻る